前へ
次へ

駅前でお坊さんがお経を読んでいる時に間違えないのは何故?

現在そして将来の課題といえる少子高齢化がますます加速するなかにおいて着実に業績を伸ばす学習塾があるという記事を2,3か月前にとある雑誌の記事で見かけました。その中で展開された内容をもとに私個人の見解を合わせ説明させて頂きと思います。今から5,6年末からゆとり教育が見直されていて小中学生の授業数は1990年代の水準に戻り、小学生の授業に英語が導入されるそうです。また、最近の学生の苦手とする科目は理数系とあるそうなので、その授業数が増えることから、一つのポイントがみえてきます。全体的に勉強量が増えたため、補習的に受けさせたい家庭が増加したことによると考えられます。小学生の英語もこれに含まれると推測します。最後に、塾の経営は時代に合わせて先回りしている現状です。

top用置換

top用置換2
Page Top